ノートパソコン検索、比較 デスクトップパソコン検索、比較
2010年04月29日

Windows(ウィンドウズ)7購入前に知っておきたい知識

Windows(ウィンドウズ)7が登場し、いよいよパソコンの買い替えを検討している人も多い。
OSがXPでVistaの発売時期はぐっと我慢して、いよいよWindows(ウィンドウズ)7で買い替えを…という人がほとんではなかろうか。
Vistaとは比べもにならないほど、レスポンスがよくまたさらに価格もかなり値下がりしているので購入しやくなっている。

液晶(画面)は、16型前後のサイズが主流で16:9の比率のものが一気に増えている。デジタルコンテンツを快適に見ることができるのもWindows(ウィンドウズ)7の特徴だ。
ディスクドライブもブルーレイ対応かそうでないものかをゆっくり吟味したい。
光学ドライブなしのモデルなら5万円代から購入が可能となる。
超低電圧タイプのCULVノートは各社多数モデルが発売されている。
光学ドライブ内蔵でない分、バッテリー駆動時間はかなり長くなっている。高速SSDを搭載するノートも発売されている。
まだ高価ではあるが、そのレスポンスはすばらしいものがある。Windows(ウィンドウズ)7に関するメリットはかなりたくさんあるが簡単に以下にまとめてみた。


Windows(ウィンドウズ)7とは
Windows(ウィンドウズ)7の新機能〔フルHD〕
Windows(ウィンドウズ)7の新機能〔ブルーレイ〕
Windows(ウィンドウズ)7の新機能〔HDMI端子〕
Windows(ウィンドウズ)7の新機能〔eSATA端子〕
Windows(ウィンドウズ)7の新機能〔SSD〕
Windows(ウィンドウズ)7の新機能〔CULV〕
Windows(ウィンドウズ)7の新機能〔モバイルWiMAX〕


posted by ウィンドウズセブン at 16:02 | Windows(ウィンドウズ)7の知識
2010年04月28日

Windows(ウィンドウズ)7の新機能〔モバイルWiMAX〕

モバイルは自宅以外で使うことが多いため通信手段が限られる。
無線LANに近く通信エリア内なら素早く繋がり、通信速度も高速というモバイルWiMAX。パソコン内蔵タイプだと13Mbbsが限界だが実際には10bbs以上で通信できるケースが多いという。
主要なデータ通信カードでは考えられない速度になる。
内蔵アンテナの感度は非常に高く安定して通信できる。
posted by ウィンドウズセブン at 11:55 | Windows(ウィンドウズ)7の知識

Windows(ウィンドウズ)7の新機能〔CULV〕

少し前に大流行したネットブックのコンパクトさは非常に魅力的だったが、性能やキーボードのサイズが小さすぎることによる機能面での不満が多かった。
そんなユーザーに向けて新しく登場したのが超低電圧タイプのCPUであるCULVを搭載するタイプのマシン。消費電力は抑えた上でバッテリーが8時間以上駆動する機種が多い。
1日中、ACアダプターいらずで持ち歩きたいユーザーやビジネスマンにおすすめの機種となる。
性能はA4ノートより劣るがネットブックのAtomよりは高速。
液晶サイズは11〜13型モデルが主流で1.5kg程度になる。

CULV搭載マシン一覧

価格は8〜12万円ほど。楽天の最安値品を選ぶと5万円台から手に入る。ドライブが別売りになっているので注意したい。
posted by ウィンドウズセブン at 11:48 | Windows(ウィンドウズ)7の知識

Windows(ウィンドウズ)7の新機能〔SSD〕

モバイルノートを中心に採用されつつある、SSD。HDDのかわりにメモリーを使うというシステム。デジカメのメモリーカードなどと同様にデータを記録できるメモリーが使用されている。HDDに比べて高速に読み書きできるのが特徴だ。しかし、さほど速くないSSDも存在し超小型ノートに搭載されている1.8型のタイプのSSDは速度よりコンパクトさを重視。
機械的な動作がないぶん、消費電力が少ないメリットは評価できる。
がしかし、まだまだ高価であることは予算と相談になる。

dynabook RX2/T9KMはSSDを採用
dynabook RX2/T9KM〔楽天最安値・スペック〕

posted by ウィンドウズセブン at 11:15 | Windows(ウィンドウズ)7の知識

dynabook MX/33KBL〔楽天最安値・スペック〕

CULV搭載でお手頃感100%のミニノート
▼dynabook MX/33KBL PAMX33KNGBL楽天最安値
【新品・送料無料!延長保証受付中】dynabook MX MX/33KBL dynabook MX/33KBL PAMX33KNGBLdynab...

今シーズン登場したdynabook MXは超電圧版cpuのCULVを搭載したミニノートでネットブックプラスαの機能が手頃な価格で入手できる。薄型ボディーには、圧倒的な高級感が漂っている。 格安モデルと思えない仕上がりでもある。インプリント成型をうまく使い、高級感と低コストを両立しているのだ。 バッテリー駆動時間も9.5時間と長い。11.6型でA4ノートと同等の解像度というのはすごい。 用途によってはセレロンモデルなので若干もたつきを感じるケースもあるかもしれないがネットとメール程度の使用なら全く問題ない。

▼スペック
OSWindows 7 Home Premium
CPUタイプCeleron743(1.3GHz)
メモリー2GB
HDD250GB
画面サイズ11.6インチ(1366×768ドット)
ネットワーク無線LAN
光学ドライブ別売り
バッテリー駆動時間9.5時間



posted by ウィンドウズセブン at 10:55 | Windows(ウィンドウズ)7の知識
2010年04月27日

Windows(ウィンドウズ)7の新機能〔eSATA端子〕

USB端子は様々な周辺機器を接続できパソコン機器の接続の標準となっているが外付けHDDなどの転送速度はいまひとつだ。
そこでeSATA端子が活躍してくれる。
まだ一部のノートパソコンに搭載されているだけだがeSATA端子に対応の外付けHDDを利用すればUSB2.0に比べ2.5倍もの高速なデータ転送が可能となる。大量のデータバックアップ、ビデオ動画の書き出しには利用したい。
【代引き手数料無料】【新品】 テレビにつないでインターネットを楽しむ。Atomプロセッサー 330とNVIDIA ION。スロットイン形式のDVDスーパーマルチドライブ内蔵。eSATA端子を装備【母の日特集 エントリーでP3倍! 4/30 09:59まで】[代引き手数料無料] ASUS EeeBox PC EB1501-B0347【1】【代引き手数料無料】【新品】 テレビにつないでインターネットを楽しむ。Atomプロセッサー 330とNVIDIA ION。スロットイン形式のDVDスーパーマルチドライブ内蔵。eSATA端子を装備【母の日特集 エントリーでP3倍! 4/30 09:59まで】[代引き手数料無料] ASUS EeeBox PC EB1501-B0347【1】
 

posted by ウィンドウズセブン at 20:23 | Windows(ウィンドウズ)7の知識

Windows(ウィンドウズ)7の新機能〔HDMI端子〕

HDMI端子は1本で映像と音声を転送できる。最近購入した薄型TVとパソコンをつなげる。ということも可能だ。HDMIケーブルで薄型TVがパソコン用モニターとして利用できる。
ブルーレイ搭載のノートパソコンを購入すれば映画などを視聴することが可能となる。
posted by ウィンドウズセブン at 20:13 | Windows(ウィンドウズ)7の知識

Windows(ウィンドウズ)7の新機能〔ブルーレイ〕

ブルーレイディスクはDVDの次の世代のディスクになる。現時点での用途はテレビパソコンで録画、HDビデオカメラで撮影した動画を描き出す、ブルーレイの映画の視聴となる。
さすがにまだ標準ドライブというまでには至らないが今後は採用モデルも増加する傾向にある。価格もずいぶんリーズナブルになってきた。

posted by ウィンドウズセブン at 20:07 | Windows(ウィンドウズ)7の知識

Windows(ウィンドウズ)7の新機能〔フルHD〕

フルHDとは、液晶ディスプレの解像度が1920×1080ドット以上であること。液晶のサイズとは関係なく16型でも20型でも23型でも同解像度の液晶が存在する。フルHDではブルーレイの美しい映像やコンテンツやHDビデオで撮影した映像を緻密表示することが可能となる。
さらにPCの場合だと作業エリアが広くなり作業がはかどるというメリットもある。ネットブックと比較すると3倍以上のスペースで作業ができるということだ。
同じ画面サイズなら解像度が高いほど文字は小さくなる。これについては設定で文字サイズを変更することが可能なので心配無用。

フルHDのPC
VALUESTAR N VN770/VG6R




posted by ウィンドウズセブン at 20:02 | Windows(ウィンドウズ)7の知識
2010年04月26日

Windows(ウィンドウズ)7とは

初代のWindows(ウィンドウズ)1.0から2.0、3.X、95/98/Me、2000/XP、Viataを経て7代目になる最新のOSになる。

Windows(ウィンドウズ)7の最大の特徴はユーザーが長らく求めてきた「機能」とパフォーマンス」のバランスにある。
インターフェイスなどの外見や新機能だけでなくそれを快適に動作させるパフォーマンスにも手を抜いていない。
このあたりが使い勝手が向上している最大の要因といえよう。

細かい詳細については後述するといことでまずは肝心要となるOSの紹介を。
《メーカー在庫あり》Microsoft(マイクロソフト) Windows 7 Home Premium アップグレード パ...仕事と家庭でPCを活用するユーザーに最適なエディション【送料無料】マイクロソフト Windows 7 ...Windows 7の機能の全てを搭載した、最上位エディション【送料無料】マイクロソフト Windows 7 U...
Home PremiumProfessionalUltimate
メーカー製のPCへのプリインストールなど、最も多くの普及が見込まれるモデルWindows Vista Businessに相当するエディション。Home Premiumの機能に加え、Windows(ウィンドウ)XPモードなどが追加されている。Windows(ウィンドウズ)7の最上位エディション。Professionalの機能に加え、多言語機能を搭載している。
※OSのリンク先は楽天最安値品を掲載しています。

Windows(ウィンドウズ)7には「Starter」、「Home Basic」、「Home Premium」、「Professional」、「Ultimate」の合計6つのエディションがある。
「Home Basic」については日本での提供はされない。
Starter」ははネットブックなどのミニノートPC向けのOEM製品。
ということで上の3タイプが一般ユーザーに最も流通されるOSとなる。
posted by ウィンドウズセブン at 10:44 | Windows(ウィンドウズ)7の知識
Powered by さくらのブログ